ホワイトニングの種類について

ホワイトニングとは、日常的な歯みがきでは落としきれない歯の着色汚れを綺麗にし、歯を美しく白くするための方法です。
以前は歯を白くするためには、歯の表面を削ったり、人工歯を被せる、歯の表面に目立たない板状の膜を貼り付ける方法などが行われていましたが、健康な歯に加工を施す事でダメージを与えてしまう可能性がありました。
しかし現在では薬品により歯の中に染み込んだ色素を分解し、歯を明るく白くしていく方法が主流となっています。

ホワイトニングの種類は大きく分けて2種類あり、オフィスホワイトニングは歯科医院や審美歯科等の専門クリニックで受ける事ができます。


薬剤を歯に塗った後、その上からレーザーや光を照射する事で歯の色素を分解します。

医療機関で受ける施術なので高濃度の薬剤が利用でき、専門の医療機器を用いた方法であるため即効性が高く、施術してすぐに歯の白さを実感することができます。

表参道のホワイトニング関連の情報をたくさん掲載しています。

しかし効果の持続時間は他の方法に比べ短く、長くても半年後には効果が失われてしまいます。もう一つの種類であるホームホワイトニングは、その名の通り自宅で行う方法です。

一般的に自分の歯型からマウスピースを作成し、そこに薬剤を入れて装着する事で、徐々に歯を白くしていきます。

自宅なので低濃度の薬剤しか使用できないので、一気に歯を白くする事はできず、白さを感じられるまでには2週間程度の時間がかかります。



しかし即効性に欠ける分、持続時間は1年から2年と長く効果が続きます。

BIGLOBEニュースに関する疑問を解消してください。